女性の医者

慢性的な偏頭痛は治療が必要|頭痛薬ともうオサラバしよう

薬に頼らない

看護師

慢性的な頭痛

偏頭痛をはじめ、緊張型頭痛や混合型頭痛など慢性的な頭痛に悩む方が増えています。偏頭痛に悩まされていたり、慢性的な頭痛に苦しんでいたりして薬が手放せないのは辛いものです。慢性頭痛にはいくつかの種類と特徴があります。脈を打つようなガンガンする痛みがあるのが偏頭痛で頭の片側が痛むことが多く、4時間から長いと72時間痛みが持続します。次に頭のまわりを何かに締め付けているような痛みがあるのが緊張型頭痛で、30分から長いと7日間の間も鈍い痛みが続きます。また偏頭痛と緊張型頭痛の両方に悩まされている混合型頭痛の方もいます。なかなか治らないそれらの頭痛の原因は、脳内の活動バランスが乱れている可能性があります。頭痛の原因となるストレスを除去するには、医学的な対処で治療する必要があります。しかしストレスに対応できていないのは、脳の機能低下が原因のひとつかも知れないのです。偏頭痛をはじめ緊張型頭痛や混合型頭痛の治療は、薬に頼らず脳の活動バランスを整えることで改善できることがあるのです。偏頭痛は頭部の血管がストレス調節物質のセロトニンに反応しやすい病気なので、ストレスの原因になうような環境を避けることが重要なのです。自分でできる対処法としては、静かな部屋で横になって安静にしていると痛みが治まることがあります。

脳の活動バランス

偏頭痛の対処法としては、他に後頭部やコメカミなどがズキズキして痛む場所を指で押さえたり、冷やしたりすると楽になります。また偏頭痛は低血糖によって起こることが多いので、甘いものを口にすると治まることがあります。偏頭痛は体質改善によっても起こりにくくなるので、ひじきや海藻類などのマグネシウムや牛や豚のレバーや卵黄やアーモンドに含まれているビタミンB2を摂ることである程度対処できます。偏頭痛は視床下部へのストレスで起こるので、ストレス耐性を強化するリラクセーションによって自律神経のバランスを改善するのもいい方法です。具体的には、ベッドなどに横になって眼を閉じ、腹式呼吸をゆっくりと行います。そしてみぞおちの付近に温かいイメージを思い浮かべしばらくの間静かに過ごします。顎や肩の力を抜くようにすればよりリラックスすることができます。薬に頼らない偏頭痛の治療については、無料カウンセリングを実施しているところがあります。治療の流れは、まず電話やホームページの専用フォームから予約を申し込み、初診日時を決めて予約します。予約が取れたら来院して医師による診察を受けて、治療の適応の判断を受けて説明を聞きます。次に医師や専門スタッフから治療の注意点について説明を受けたら治療開始となります。