医者と看護師

慢性的な偏頭痛は治療が必要|頭痛薬ともうオサラバしよう

頭痛に悩まないために

男性

ズキズキ頭が痛んだら

頻繁に頭痛に悩まされているという人は多くおられますが、中でもなかなか改善せず長く悩まされることの多い頭痛のひとつに、偏頭痛があります。偏頭痛の特徴とは、こめかみあたりが脈打つように痛み、その症状が数時間から数日のあいだ続くことです。頭の片側だけが痛む場合もあれば、両側が痛むこともあります。痛みは強くなる場合が多く、個人によっては嘔吐を催したり、光や音に普段より激しく刺激を感じることもあります。そのため、ひとたび偏頭痛の症状が起こると日常生活に支障をきたす場合も少なくなく、ただ横たわって痛みが過ぎ去るのを待つだけ、という状態におかれるので、非常に厄介なものとなります。この偏頭痛が起こる明確な原因は判明していませんが、頭部の血管がなんらかの理由で拡張し、炎症を起こしたためといわれています。この理由には、抱えているストレス等の精神状態の不安定や、女性ホルモンが影響していると考えられています。偏頭痛に悩まされるのは若年層から高年齢層まで幅広く、人口全体の8%程度が罹患しているといわれています。それだけ多くの症状を持つ人がいながら、この偏頭痛を完全に治療させる方法は見つかっていません。そのため、症状や原因を自分自身でしっかりと把握し、適切な対症療法を施しながら上手く頭痛を緩和させ、日常生活上で上手に付き合っていくことが大事なこととなります。

頭痛から解放へ

偏頭痛に悩まされているのならば、自分でそうだと考えるだけでなく、きちんと医師の診察を受けることが大切です。適切な診断を受けたうえで、きちんと治療を行っていくことが、症状の緩和の為には不可欠です。ただ、偏頭痛という病気は、MRIなどを用いた脳の組織検査で判明するものではありません。偏頭痛は血管の拡張によるため、MRI、CTといった検査では見つけられません。医師は、患者にしかるべき問診を行ったうえで、偏頭痛かどうかを診断します。偏頭痛の治療には、多くの場合、薬物療法が用いられます。薬物治療には、対症療法、予防療法の二つにわけられ、それぞれ頭痛が起こっている最中に施す治療、症状を緩和・出にくくするための治療となります。多くはまず現在の痛みを取り除く急性期治療を施し、プラスアルファとして症例により予防療法を行っていきます。その上で、日常生活において頭痛を起こしやすくしていると考えられる環境を取り除いていくようにもしていくとより良い結果が得られます。例をあげると、適度な睡眠時間をとり、三食きっちりと食事を摂る、赤ワインやチョコレート、チーズといった頭痛を誘因する物質を含む成分を含む食べ物を避ける、というようなことになります。過剰なストレスを感じている場合には、そのストレス環境を改善するのも大事なことです。また、日常的に服薬している薬があれば、それが頭痛の原因となっている可能性もありますので、医師に相談してみると良いでしょう。

症状の出方

女性の医者

頭痛に悩んでいる人は数多くいます。特に偏頭痛は目眩を伴う為多くの人が悩んでいるものでしょう。偏頭痛は、原因が不明でることがほとんどです。最近では、頭痛外来を設けている医療機関も増えているので偏頭痛で悩んでいる人は利用してみましょう。

View Detail

薬に頼らない

看護師

偏頭痛や緊張型頭痛や混合型頭痛に悩まされている方が増えています。それらの頭痛の原因は脳へのストレスであることが多く薬に頼らない治療法もあります。自分で対処できるのは、安静にして静かに横になって過ごしたり、痛む場所を指で押さえたりします。

View Detail

頭痛の中で最も多い病気

寝転ぶ女性

頭痛の中でも偏頭痛の人が非常に多いです。痛みが起こる前に目がチカチカしたり前兆が表れるのが特徴です。痛みが出た時は患部を冷やして安静にすることが大事です。病院では薬物療法が行われており、トリプタン系薬剤がメインの治療薬です。飲むタイミングが大切なので、自分で効果的なタイミングを見つけることです。

View Detail

正しく治せば楽になる

男性の医者

偏頭痛は命にはかかわりません。しかし辛い症状があります。市販の治療薬も有効ですが、悩んだら一度病院に行く事をお勧めします。偏頭痛か命を脅かす頭痛かの診断が出来ます。自分に合った薬の処方も受けられます。また生活習慣を見直すきっかけともなります。多忙かもしれません。ですが病院に行って損はないです。

View Detail